二次創作をメインにネット小説などを紹介するブログ


by grass_noppara
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

アニメ化の影響は大きい

ハーメルンでオバロのSSをちらっと見かけました。
アニメ化の影響がこんなところに出たかと言った印象。
展開的にはオリジナルのナザリックメンバーってノリ?
ナザリック関係なしのユグドラシルプレイヤーが同時期にトリップしてナザリックの存在にガクブル系の作品が読みたい。




>十八さん
民俗学系はちょっと気になりますね。
あの手の作品って地味に好きw
買いすぎ・・・と言いたい所ですがこれから手に入らない事を考えると妥当なのだろうか?>DC
胃が痛い展開が無いのなら安心できますねw

>鉄洲さん
サクラ3はアメリカに行くやつでしたっけ?
2がヨーロッパの方でしたっけね、兎怪人と書いたの覚えてますw
スーファミのソフトとか、1万円近くしてましたからね。
あれが適正価格だとすると、現在は冒険できませんね、ほんと。
時代の流れの中でヒロインと交流とかなら、久遠の絆とか思い出しますね。
タイムスリップじゃなくて転生ですがw
[PR]
Commented by 鉄洲 at 2015-07-22 00:13 x
サクラ2は1の続編。3がパリで4が合流の大神さん完結編。
で、5がアメリカ。

だけど、価格以上に遊んだ気がするのはスーファミでしたよね。
ガキの頃ってのもありますが、本当に遊び倒すみたいな感じ。

当時の常識(ルール)を勉強し、正しい口説き方(例えば吉原のしきたりとか)をしないとダメとか、そういったのあってもいいと思います。

一応、自分もDCは二台あります。ワンダースワンは4個。
最近は互換機気になる。FCとかやりたいですよ。
Commented by 十八 at 2015-07-22 13:16 x
 民俗学系強いゲームが気になるのでしたら、神樹の館とか花散峪山人考辺りがおすすめ……していいのかなぁ。
 ともに、稀さんと言うライターがメインかサブで関わってるエロゲーなんですけど、この人の文体って、泉鏡花のそれを強く意識してらっしゃる独特なものなんですよね。

(例)花散峪山人考、紙の体験版冒頭
―――どんよりとして、陰に籠って夜気は湿け、山村の、飯場とも酒場ともつかぬ店の一角では、灯りさえ薄粥濁り、肌に纏わりつくかに裏ぶれた。はたはたと障子窓拍つ幽けき響きは、灯りに惹かれた夜雀がまとわりつくもの。(ここまでで一文章)

 私は大好きなんですけど、正直この文章他人様には勧めらんないわ。特に、山人考の主人公伊波冬矢は、他人様の、命と同じくらい大事な研究成果を、そんなん俺の知った事か、護れないテメェが悪いんだと焚き付けにして、ヒャッハーするマジキチ復讐鬼だし……。
 神樹の館はメインライターが別の人なんで、まだ読みやすいんですが、この人たち昔っからの知り合いで、丸投げ企画なんじゃないかなぁとか思う内容なんですよね、コレ。
 メインの人の以降の企画にも以前の企画にもつながらない内容、と言うか……。
 まぁ、そう言う訳でお勧めするなら神樹の館の方ですね、はい。ダウンロード販売されているので、割と簡単に手に入ります。

>>歴史系ギャルゲ
 ええとね、それは思いついても誰もやろうと思わなかった類だと思います。
 そもそもその設定で、どうやって一本の物語に仕立て上げるおつもりで。
 まぁ、何らかの神秘的なアイテムを造形して、それにかかわるオムニバスとかにすれば行けるかもしれませんが、それ、よっぽど卓越した人たちが作らないと、自己満足以外の何にもならないと思いますよ。
Commented by 春都 at 2015-07-22 20:04 x
>十八さん
握手
神樹は知は力なりですねw
ただお勧めはしづらいですよね。どっぷり没入できれば至福なんですけれどw
Commented by 秋冷 at 2015-07-22 22:47 x
週末は映画三昧でした。
親戚の幼い子と一緒にポケモン、後に親戚とアベンジャーズ2とマッドマックスを観て来ました。
字幕だと翻訳されないスラングとかも混ざっていて結構面白いです。
アベンジャーズとマッドマックスは安定のクオリティと面白さでした。
……熊本先輩、ポケモンもやっていたんですね。

漫画をネットで立ち読み。
最近は月刊誌とかの公式HPとかcomicwalkerなどで一話とか最新話の立ち読みが出来るんですが、コミック派の自分は余り使ってこなかったんですよね。
ひょんな事からプリベルの最新話を見る機会がありまして、思わず目を逸らしました。
……アカン人がアカン事になってる。
by grass_noppara | 2015-07-21 23:58 | 雑記 | Comments(4)